■プロフィール

やまんば

Author:やまんば
血液型    A型
星座     ふたご座
好きな食べ物 そば、こんにゃく、
        くコ:彡、C:。ミ、グミ
*娘に勧められて始めたブログ
なんのことやら分らんままに…。
二人三脚でとにかくやってみよう。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■拡大・縮小 ボタン

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■フリーエリア

■フリーエリア

にほんブログ村 トラックバックテーマ シニア・エッセイへ
シニア・エッセイ
*****************

*****************

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

    ↑

ポッチっとお願いします。

   <(_ _)>

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■全ての記事を表示する
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いらんおせわのやきどうふ
はぁ、いかになんでも、戻っとってんじゃなかろうかと電話した。


もし戻っとっちゃっても、忙しい人じゃけぇ、多分に居っちゃなかろう。


そいでもお姉さんが居られるかもしれん思うて、ちいと改まった口調でかけたら、ご本人じゃった。

「わたしよわたし、H美よ。」げらげらげらげら・・・笑い声、わたしの口調がよっぽどおかしかったもんとみえる。

「ごめんねぇかけようかけよう思いながら忙しうて。」



先方は日頃、敬愛するHさん、愛娘の出産のため、寒い北京に2ヵ月行っとられた。

赤ちゃんは女の子、まだ忙しいんで写真はできとらんげな。



嬉しいことに早速、翌日ご自分の事務所へお誘い頂いた。



すぐにいつもお世話になるMさんに電話すると、有り難いことに都合もようて、2つ返事で車を出して貰うた。


丁度誰も居らん空いた時間があって、(いや作られて?)たっぷりあちらのお話が聞けた。


お話の中で特に心に残ったんは、人のことに干渉せんと云うか、個人主義が徹底しとる云うこと、それと、とにかく空気が乾燥しとって、1歩外に出ると埃の凄いこと、何でもかんでも体にひっついてくるんじゃげな。


やれやれ呼吸器の弱いわたしゃ、聞くだけで胸苦しいような、・・・。


そいで「入院中、誰も他人と口を聞かんのよ、こっちじゃ、たいてい隣のベットの人と挨拶ぐらいはするよね、それもないんよ。」


「へぇーぇ、そりゃまた・・・」


「まぁきれいなもんよ。」


「えらいさっぱりなんじゃね。」

べったらこったら、3人の楽しいおしゃべりのトキはあっと云う間に流れてしまい、有り難くお土産を貰うて、おいとました。


その夜、娘とお土産を広げながら、詰め物にしてあつた、古新聞の皺を伸ばして拾い読みしてみる。


「わきゃぁわからん、ほいでも英語よりゃましじゃね、ちいたぁなにゅう云いよるんか、ぐらいは感じられる、パソコンの広告じゃろ。」


「ほうよ。」


そいからバッグの説明を見よった彼女

「これ日本語のつもりなんぢゃろうけど、解らんよ。まだこの英文のほうがよう解るよ。」

ゲラゲラ・・・・


「あんた偉いねぇ。」


「なんで?こりゃ誰でもわかるよ。」


「パソコン3999元じゃげな、こっちのお金にしたらなんぼかね。」


「買いんさいや、中国語でもネットぐらいはできるよ。」


「どがいに映るんかね。」

「そうりゃネットはそのままよ。ほいぢゃがWordとかは漢字ばっかりじゃろ。しらんよう、もうええじゃん。」


それにしてもようできとる。


その環境とそこに住む人の気質の関係が。乾いた環境に、無干渉な人々・・・・。

湿気の多いいこちらは、お節介な干渉、関心のありよう・・・


どっちがええたぁ云われんが、やっぱり程ほどが何事も大事じゃとつくづく思う。


ほいじゃが、ちいたぁ、あちらの人の爪の垢を煎じて貰うたがえかろうで。


あんにもこんにも・・・。


古来、「隣の喧嘩は鴨の味」云う句があるが、密かに人の不幸せを愉しむ厭らしい根性が、誰しも無きにしもあらず、心の底にじゃ。

じゃが、そがいなことを恥とも思わぬお人と、接するのは情けないもんでよ。


みんながみなそうばっかりじゃないが、・・・


或るとき
「なんぼうあんたの事を思うて」と云われても、我慢にもほどがある。
たいがいのことは、我慢の辛抱で居ったが切れた。


ちいとばかり親しいばっかりに。


Eさんはわたしと同郷で年長じゃ云うので、ちょくちょく寄る人じゃった。


わたしの畠を見ると

「まぁもったいない、作りんさいや、屋敷続きじゃに、うちらぁ、もちいたぁ遠いんじゃに、作るんでよ。」と云うのが決まりじゃった。

「ほいでも、うちにゃこれでええんよ」ほんと、ようけ作っても始末に困るんじゃけぇ。


またまたEさん
「まぁいっぱい空いとるじゃぁ、勿体無い事してからに、作りゃぁえかろうに、あんた黄着なねぇ、ほいじゃけそんとに肥るんでよ、よいよ肥りかえってからに、だれべえさん見んさいや、ようしてでぇ」

「・・・(呆れてものが云えん、要らんお世話の焼き豆腐じゃ)」


「なんで作らんのん、へちゃくちゃへちゃくちゃ・・・・


「いつも云うとるじゃろ、うちにゃうちの都合があるんよ、ほっといて!」
わたしの語気はいささか荒うなった。

もう1カ所の畠の隣接地のIさん、
「どうして荒らしてんね、イノシシがよう出るけぇ・・・ああたらこうたら・・・」

なんかねちねちねちねち・・・言葉の底から意地悪なほのほがチラチラ仄見える。


今じゃEさんも「畠は、はぁおやすみじゃ」と・・・

そのうちIさんもお休みになるじゃろ。


まぁこがいなこたぁざらじゃ。云うたら切がない。


あんまり人のこと云うのも聞くのもしんどいけぇ、ええかげんにせんにゃぁ。
家柄がどうの、実家がこうの、財産から、あれこれあれこれ噂話の花咲かりじゃった。


しかし今頃はだんだん若い人の時代になって、あんまり云う人は居らんようじゃ。


逆に何にも解らん知らんの世間が出来よる。


まぁ何れにしても、人々の心の底の善意が、何より大事じゃのう。


先ずは自分が心して暮らさにゃいけんと、今日も心新たな気持ちのやまんばでがんす。




ブログランキング・にほんブログ村へ
  ↑
良かったらクリックしてやってください。 
読者のみな様の温かい応援本当に有り難うございます。byやまんばの娘




スポンサーサイト


ブログ | 06:36:20 | Trackback(0) | Comments(9)
コメント
やまんば様相変わらず頑張っていますね。
親方もちょとばかり、頑張っています。
方言がよく分からないけど、雰囲気で
読んでいます。
2006-02-27 月 22:27:38 | URL | 親方 [編集]
親方様有り難うございます。戯言なので恐れ入ります。

お宅のを読ませていただいて、希望を沸き立たせてます。
もう、建てる気力も資力もないくせに、です

来世を楽しみに、生きております。
2006-02-28 火 09:53:58 | URL | やまんば [編集]
「小さな親切大きなお世話」ってありますよね^^;
逆にほっとくと「何もしてくれない」って言われます。。。

人との交流はとても難しいですね。

私の場合、とりあえず聞くだけ聞いて流してしまう事が多いようです。
「私のためを思って言ってくれてるんだ」と思うようにしてます。

でも、腹の立つことも多々ありますが ^^;
2006-02-28 火 13:37:30 | URL | ももひめ [編集]
赤ちゃんこちょいのジジは、まんだ生臭そうてダメだのん。
今日も元気をありがとさんです。
2006-02-28 火 21:04:58 | URL | Gombessa [編集]
ももひめさまコメントありがとうございます。
いい年こいて、お恥ずかしい・・・・
変なこと書いて・・・・

あなたの湖のお写真とっても好きです。フアンタジックで、モネばりの油彩画を見るような、雰囲気・・・・
たいてい覗かせていただいています。ではお元気で!
2006-03-01 水 09:34:19 | URL | やまんば [編集]
初めて埼玉からメールします。懐かしい広島弁・・・
父は尾道、母は甲奴郡の生まれです。私も3歳まで広島にいました。
ずっと、バリバリ広島弁で育ちました。
楽しくて、嬉しくて、懐かしくてお便りしました。これからも宜しく!
私のブログにも遊びに来てください。
2006-03-01 水 15:28:37 | URL | ミューおばさん [編集]
ミューおばさん。よう来てつかぁさいましたの。(山口なら(のんた)?)

蕎麦がき、子供の頃おばぁさんに再々食べさせられて、今じゃただ懐かしいだけ、そうそう、うまいこたぁありゃしまへん。

バナナめずらしうあrまんの。なんぼうか、うまかっつろうで・・・

ほんなら、またのう、お邪魔でがんした。
2006-03-02 木 07:40:49 | URL | やまんば [編集]
おはようごいます!
※古新聞の皺を伸ばして・・・
こんなところから意外なお国柄が見える事もあって面白いですね。

※心の底には誰にでも・・・
メディアが取り上げる話題も、やまんばさんがおっしゃるような心情を象徴しているような気がします。
2006-03-02 木 08:26:29 | URL | kanmo [編集]
おお!!kannmoさん、よう来てくださいました。
あなたが居られんようになって、ほんと寂しい・・・不思議な方じゃと思います。

よくぞ、私ごときの、たわごとに、付き合ってくださいましたた。
お忙しいのでしょうが、こうしてお話できれば、望外の悦びでございます。

ご無理のないよう、ご自愛ください。
2006-03-02 木 12:54:59 | URL | やまんば [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。